増大剤 精力剤

増大剤と精力剤ガイド|男の魅力up応援サイト

MENU

原因から見たときのEDの種類

一旦なってしまうと非常に男としてのプライトが傷ついてしまうEDですが、一言でEDといってもその原因はいろいろとあり、その原因によってEDには種類側蹴られています。その種類によって、治療法も変わってきますので、自分がEDかなと思ったら、それがどこに分類されるのか、まず考えてみましょう。

まず、最初に挙げられるEDは「機能性勃起不全」と言われるものです。
「機能性」というと、身体的な何かが原因のような感じがあります。
これは、機能性というと身体的と考えてしまいそうですが、不安、ストレス、心の病、自分の性器やSEX能力への不安などの心因的な要因で、勃起不全になる場合のEDを指します。

 

そういう心因性のEDと言っても、これにはさらに2つの種類があります。

 

1つは、「現実心因」によるEDで、日常のちょっとしたことがストレスとなり、それが原因でEDを起こす場合です。

 

たとえば、会社の仕事のストレスとか、1回SEXがうまくいかなかった時の相手に言われた「ダメね」という一言でひどく傷ついてしまった場合、などを原因とするEDです。

 

もう1つは、「深層心因」によるEDで、日常生活には特に心理的ストレスはないものの、幼児期の体験や性的トラウマなど過去の出来事が原因となり、心の深層にある原因が起こすEDです。これは非常に根深く、またなかなか自分ではその原因を突き止められないので、これになった場合は、専門医によるカウンセリングが必要になって来ます。

 

そして、もう1つのEDの種類が「器質性勃起不全」と呼ばれるものです。これは心理的なものを原因とするのではなく、実際の病気やけがなどによって、勃起機能がうなく動かなくなる場合のEDです。

 

たとえば、具体的にはペニスの支配神経、血管、組織などの障害や男性ホルモンの低下などが挙げられます。

 

それらが発生する病気、あるいは身体的な原因としては、

 

・加齢による血流障害
・糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病
・脳で受けた性的刺激が何らかの容認でペニスにまで伝わらない神経障害
・手術や外傷などによって海綿体に血が入らなくなった場合

 

などが挙げられます。

EDになったら精力剤?バイアグラ?そのメリットとデメリット

EDだと自分で自覚してしまった場合、どうやって治そうかと悩む人も多いと思います。その時の選択肢として、精力剤を飲むか、バイアグラなどの医薬品を飲むか、ということがありますが、それぞれどういう特徴と、メリット・デメリットがあるのでしょうか?

EDを治すために精力剤を飲むとしたら

 

世間で売られている精力剤は、原則として薬品は配合されていません。
配合されてるものは、亜鉛、アルギニンなどの、「食べても大丈夫な」いわば「食品」です。
ですので、ほとんどの精力剤は分類としては「健康食品」になります。「食べても大丈夫な」成分を配合していますので、基本的には非常に安全です。

 

これを飲んだからと言って身体に不具合が出ることは、例外を除けばほとんどありません。安心して飲める、これが精力剤の最大のメリットです。

 

一方でデメリットは、これは健康食品一般に言えることですが、食べても大丈夫ということは、それだけ「効き目が緩やか」ということです。つまり即効性はありません。

 

精力剤の場合、どのメーカーでも効果が出るまでに最低1か月は飲んでください、と言っています。ですので、今日飲んで今日の夜に備える、ということはできません。また入っている成分も、正式に医学会でEDに効果があると認められたものではなく、そのメーカーが個々に研究して効果があると認め、配合しているものなので、「絶対に効く」とは言えません。場合によっては効果のないこともあり得ます。これらがデメリットです。

 

これらに対してバイアグラはどうでしょうか?最大のメリットは、なんといっても正式な医学会が認めた「医薬品」ですから、「絶対に効く」ということと「即効性がある」ということです。

 

行為の直前に飲んでもすぐに効果が出始め、それが数時間持続します。
一方で、医薬品ですから「副作用」も当然あります。バイアグラは、血管を拡張して海綿体を大きくするのがメカニズムですから、心臓に負担がかかります。

 

ですので、心臓に病気を持っている人、高血圧の人は使うことができませんし、それらがなくても飲むと、ちょっと心臓のあたりが痛いような気がすることもあります。これらがデメリットです。
また根本的なEDの解決にはならないというのもバイアグラを服用することの大きなデメリットではありますね。

 

以上のメリットとデメリット、そして目的をよく考えて、精力剤とバイアグラを選択し、EDを治しましょう。

2015/08/12 23:17:12 |
私の夫は60歳を前にして、精力の減退がひどいようです。元々はセックスが強い方で、私は夫にセックスの開眼をしてもらったといっても良いほどでした。男性は55歳を過ぎて、会社での責任が重くなり、ストレスも増え、同時に徐々に老化が進むため、弱くなるのは仕方ない事だと思います。弱くなって回数が減るのは仕方ないと思うのですが、少ない夜の営みの時には、しっかりと満足させて欲しいのです。しかし、夫はようやくその気になっても、硬度が弱く、しかも中折れさえ起こす始末です。私は夫より10歳近く若く、これでは夫に開拓された私の性欲が満たされる事はありません。若い頃のように行かない事は判っていますが、もう少し元気を取り...
2015/07/31 22:14:31 |
私の悩みは「ペニスのサイズ」です。昔から「小さいかな?」と言う印象はありましたが、大人になり銭湯などで周りの人と見比べたりするとやはりひと回り小さいことが分かりました。とは言え、「ちゃんと機能すれば問題ない」と思っていたのですが、ある時女性にはっきりでは無いにしろ「小さい」と言うニュアンスの事を言われてからはコンプレックスとなってしまいました。私自身、女性にはそれなりにモテる方で付き合った人数も少なくありません。その女性以前にも性行為の経験はありましたが、それまでは私に気を使っていたのか「小さい」と言ったことを直接言われたことはありませんでした。その為、比較的楽観していた部分もあったため一層大...
2015/07/23 18:08:23 |
男性としての悩みは多いですが、ペニスが小さいというのも気になっている悩みの1つです。仮性包茎は克服しつつありそれはよかったのですが、やはり小さいというのは残念なことです。冬の寒い日に自宅から帰ってきてトイレに入ると、自分のペニスの小ささに愕然としてしまうことさえあります。もちろん勃起するとそれなりの大きさにはなるのですが、明らかに小さいのは確かです。その差がはっきりとわかってしまうのが温泉のときで、大きい人を見ると羨ましくなってしまうのであり、同時に自分の小ささにがっかりしてしてしまうのです。そして短小だとセックスのときにも満足ができないということがあります。正常位であればまだなんとかなるので...